SEIWA話し方教室  ホーム

話し方を始める人へ


本来、話し方はどんな話し方をしてもかまいません。自由自在です。
しかしほとんどの人が人前で話をするとき(どう話していいか)(どうまとめていいか)がわからなくて不安になります。

そのため、途中でことばが出なくなったり、逆にどう終わっていいかがわからずダラダラと話し続けていたりします。人の前でめったに話しをする機会のない人にとってはごく当然なことです。

決して話し方が下手だから、能力がないからということではありません。
人の前で落ち着いてまとまった話しをするには、話し方の基本を学び練習をする必要があります。そうすれば誰でも上達します。

本来、私たちは自分を表現したいのです。自分を表現すれば、私たちは生き生きとしてきます。自分が変わってきます。

話し方を始めるにあたって大切なことは、原稿を紙に書いて暗記などしないことです。最初に原稿に頼ると原稿のないスピーチは苦手になります。はじめは上手に話すことより、失敗しても、まずぶっつけ本番で話すことが大切です。

思いつくままに話す。そこが出発点です。
うまく話すことが目的ではありません。話すことに慣れる、そして話すことを楽しむ、それを目的にしてください。

入会案内 へ

話し方といい会話講座

SEIWA話し方教室 ホーム

HPを友達に教エル
© SEIWA